×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

敏感肌とは

敏感肌とは何かに対してアレルギーを持っている肌のことです。多くの人がなんでもなくても、人によってはそんなのなんでもない物が刺激になってしまう肌です。たとえば多くの人が普通に口にするお蕎麦や卵ですが、アレルギーを持っている人にとって時に命に関わる“モンダイ物質”になりますよね?肌も同じなんです。受け付けない症状として、赤く腫れたり、ただれたり、発疹が出たりしますから本人にとっては深刻な問題なのです。それより少し広げた意味での敏感肌が、私たちが日頃よく使う意味での敏感肌です。敏感肌というより、肌が過敏になっている時と思ったほうがわかりやすいですね。これらは肌バリアが崩れているのが原因です。

スポンサード リンク

敏感肌の原因ってなんでしょう?

過敏になっている肌は、この肌バリアが崩れてしまっているのが原因です。守るものを失くした肌は、水分をうまく保つことができず、外部の刺激をもろに受けることになり、ピリピリ・チクチクといった実際の痛みを感じたり、炎症を起こしやすく赤くなったり、吹き出物ができてしまったりたりするのです。
化粧品も肌にとっては一種の異物といえるので、このような刺激を感じることがあるのです。そこで最近登場したのが、無添加化粧品とか自然派化粧品です。
2001年から、化粧品に全成分表示義務が課せられ、指定成分というのがなくなりました。なので、位置付けがむずかしく、合成・化学成分を多く含む化粧品との判断があいまいになりましたので消費者にとっては良いのか悪いのかってかんじです。

敏感肌の基準って?

ひとつの化粧品を使ってすごい刺激を感じたまたは2〜3回使ってピリピリしたからといって、「私は敏感肌」と決め付けるのは早合点です。少し時間や日を置いて使った時に何ともなければ、刺激を感じたのはたまたまだったということで、誰にでも起こり得ることです。季節の変わり目、疲れや寝不足、女性ならではのサイクル等で、肌の調子の良し悪しがあります。すぐに、自分は敏感肌だと決め付けたり、あきらめたりするのは早計です。むしろ自分の肌が、今は過敏になっているという状態を認識することの方が大事なのです。必要以上に心配しすぎるのも良くない事ですが、かといって、かゆみや赤みが続いている状態を無視して無理して使い続けるのも問題です。
今が、たまたま過敏な肌状態なのか、アレルギーなのかを見極める必要があります。

Copyright © 2008 敏感肌対策